仮想通貨取引所FISCO(フィスコ)の特長


【フィスコ仮想通貨取引所の特長】


フィスコ特長


フィスコ仮想通貨取引所は、

2016年4月に設立された比較的新しい取引所です。

顧客同士が直接する取引所取引と、

販売所取引による簡易売買を提供しています。

金融情報サービス大手フィスコの子会社による運営で、

ノウハウを生かした安心感のあるサービスを提供し、

今後の伸びが期待される取引所です。


FISCO(フィスコ)取引所URL https://fcce.jp/




【運営会社】


フィスコ運営会社


仮想通貨取引所FISCO(フィスコ)は

資本金約5,250万円の株式会社フィスコ仮想通貨取引所

によって運営されています。

親会社は金融情報サービス大手の株式会社フィスコです。





【取引量】


フィスコ取引量


2017年10月の24時間毎の取引所別取引高で

世界第15位となっています。

(情報元:https://coinmarketcap.com/exchanges/volume/24-hour/all/)




【手数料・スプレッド】


フィスコ手数料


FISCO(フィスコ)の取引手数料は無料

円・仮想通貨入金手数料無料

円出金手数料:50万円未満350円、50万円以上756円

(BTC出金手数料0.0005%以上、MONA出金手数料0.001MONA)

スプレッドは国内の他取引所と比べて狭めとなっています(取引量による)。




【取扱銘柄】


フィスコ取引銘柄


2017年10月時点で、仮想通貨はビットコイン(BTC)

モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)

トークンはフィスココイン(FSCC)、ネクスコイン(NCXC)

カイカコイン(CICC)の取り扱いがあります。




【レバレッジ】

なし




【取引ツール】


フィスコ取引ツール


FISCO(フィスコ)の取引ツールは

Zaif(ザイフ)の取引システムと

同じものを使用しています。

レイアウトの変更などはできませんが、

タブを変えることによってチャットを隠すこともできます。




【セキュリティ】


フィスコセキュリティ


2段階認証あり

コールドウォレット管理

不正アクセス検知や複数管理者による

承認「マルチシグニチャ」システムなどを採用しています。




【スマホ対応】

フィスコスマホ対応


FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所は

2017年10月時点では対応していません。




【こんな人にお勧め】


フィスコおすすめ


使いやすい取引ツールと金融大手による安心の運営で、

初心者にお勧めできます。




【その他】



フィスコその他

金融庁に正式に認可された仮想通貨交換登録事業者です。

自社株株主に「フィスココイン」トークンを配布しています。




仮想通貨をクレジットカードで購入【オススメ取引所ランキング】

仮想通貨の基本的な知識。今さら聞けないことまで
仮想通貨と株の違いは?
仮想通貨を保有するメリット。送金や将来的な価格上昇!
仮想通貨のデメリットやリスクについて。暴落や大損する?
仮想通貨でお買い物や支払いができます!
仮想通貨の送金について。海外送金でメリットあり!
仮想通貨の売買手数料は?
仮想通貨をクレジットカードで購入するメリットやデメリットは?
仮想通貨取引所毎の取引量について
仮想通貨のセキュリティは? 自分で仮想通貨を守ろう
仮想通貨の盗難補償サービスは取引所によって異なる
各仮想通貨取引所の特長。手数料〜スプレッド〜セキュリティまで
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)の特長
仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特長
仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の特長
仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の特長
仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の特長
仮想通貨取引所poloniex(ポロニエックス)の特長
仮想通貨取引所kraken(クラーケン)の特長
仮想通貨取引所QUOINE(コイン)の特長
仮想通貨取引所FISCO(フィスコ)の特長
仮想通貨取引所Lemuria(レムリア)の特長
仮想通貨取引所BITTREX(ビットトレックス)の特長
仮想通貨取引所Money365(マネー365)の特長
仮想通貨取引所FIREX(ファイヤーエックス)の特長
仮想通貨取引所GMOコインの特長
仮想通貨取引所みんなのビットコインの特長
FX業者