coincheck(コインチェック)の特長

【coincheckの特長】


コインチェック特長1


coincheck(コインチェック)取引所は、

取引通貨の多さと取引所画面の使いやすさに特に定評があります。

取引所と販売所の両方で売買を行うことができます。

2014年の設立以来、日本の主要取引所として信頼を得ています。

仮想通貨入門者向け取引所としても人気があります。

24時間いつでも取引可能です。




【運営会社】


コインチェック特長2


資本金9,200万円のコインチェック株式会社によって運営されています。

ビットフライヤーなどと比べるとベンチャー色が強く出ていますが、

セキュリティの高さや運営スタイルの透明性などに定評があり、

一般ユーザーからの信頼を得ています。



【取引量】



コインチェック特長3

ビットコインの取引量は、

国内で常に2〜3位の総月間出来高を誇っています。



【手数料・スプレッド】


コインチェック特長4


「取引手数料」

無期限キャンペーン実施中で

実質ほぼ常に無料になっています。

スプレッドは取引量によって変動しますが

コインチェック内で取引量の多い

ビットコインやイーサリアムのスプレッドなどは

業界内でも屈指の安さで設定されています。


「入金手数料」

日本円銀行振込無料、米ドル入金25ドルなど


「出金手数料」

日本円400円、米ドル出金は一律2500円

仮想通貨出金手数料は通貨によって異なります(0.0005BTCなど)



【取扱銘柄】


コインチェック特長5


2017年10月時点でコインチェックで取引できる

仮想通貨は次の13種類です。

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・イーサリアムクラシック(ETC)

・リップル(XRP)

・リスク(LISK)

・ファクトム(FCT)

・モネロ(XMR)

・オーガー(REP)

・リップル(XRP)

・ジーキャッシュ(ZEC)

・ネムコイン(XEM)

・ライトコイン(LTC)

・ダッシュ(DASH)



【レバレッジ】


5倍まで利用可能です。



【取引ツール】


コインチェック特長6


コインチェックの取引画面は

ビジュアルの良さが特に初心者に評判で

使いやすいシンプルなツールです。

ビットコインは取引所と販売所の両方で売買可能ですが

それ以外のアルトコインは販売所でのみ取引可能となっています。



【セキュリティ】


コインチェック特長7


2段階認証あり

JBA(一般社団法人日本価値記録事業者協会)

規定に基づく取引機能の制限

セキュリティ対策を行っています

不正アクセスによる盗難にあった場合

東京海上日動火災保険株式会社による

盗難補償も設けられており

2段階認証などの一定条件を満たしていれば

100万円までの損害補償が受けられます。



【スマホ対応】


コインチェック特長8


コインチェックのスマホ版は

アプリ上で別途指紋認証を設定することもできます。

チャートの見やすさや取引機能の使いやすさにも定評があり

iPhone版にはホーム画面にニュースアラートを表示できる機能も付いています。



【こんな人にお勧め】


コインチェック特長9


初心者


取引きにスマホをメインで使う人



【その他】


コインチェック特長10


コインチェックは2017年10月時点で

「みなし仮想通貨交換業者」として金融庁へ正式認可を引き続き申請中です。

運営元のコインチェック株式会社は

ビットコインを支払いに利用できる決済システムの普及にも力を入れています。

そのため口座所有者はビットコインを電気料金など

様々な支払いに利用することができます。


仮想通貨をクレジットカードで購入【オススメ取引所ランキング】

FX業者