bitFlyer(ビットフライヤー)の特長


【bitFlyer(ビットフライヤー)の特長】


ビットフライヤーがNo.1


bitFlyerは2014年1月に開設されて以来、

国内1、2のビットコイン取引高を持つメジャーな取引所です。

2017年10月時点でビットコインと

5種類のアルトコインを取り扱っており、

大手企業出資による安定の資金力と、

仮想通貨取引所業界内でも屈指のセキュリティの高さを誇っています。




【運営会社】


みずほフィナンシャルグループや三井住友系グループ会社


bitFlyerの出資会社には、

みずほファイナンシャルグループや三井住友系グループ会社、

リクルート、GMO、Quickなど金融関連大手企業が名を連ねています。




【取引量】


ビットフライヤーは取引量No.1


bitFlyerのビットコインの総月間出来高は、

2017年9月時点で15カ月連続1位となっており、

2017年9月を例に見ると日本国内で取引されたうち、

約70%BTCがbitFlyer取引所にて

売買されていることになっています。




【手数料・スプレッド】


手数料が安い


取引所での売買は、BTCは取引金額に応じて

0.01%〜0.15%、アルトコインは

一律0.20%の手数料となっています。

bitFlyerでは手数料無料のキャンペーンがたびたびあり、

実施中は販売所での売買手数料が無料になることがあります。


仮想通貨取引所でのスプレッドは一般的に取引高によって変わってくるため、

取引量が多いbitFlyerのBTCスプレッドは、

取引所の中でも業界でも随一の低さです。




【取扱銘柄】


仮想通貨取引所の取扱銘柄 ビットフライヤー


2017年10月時点でbitFlyerが取り扱っている仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、

イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、

ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)の

計6通貨となっています。




【レバレッジ】


15倍まで利用可能




【取引ツール】


ビットフライヤーの取引ツールはbitFlyerLightning


bitFlyerでは、BTCの簡単取引所、

bitFlyerの提示価格で売買するBTC及び

アルトコインの販売所に加え、

bitFlyerLightningで

ビットコイン現物・ビットコイン先物・BTC−FX・アルトコインの

顧客同士の売買注文のマッチングを提供しています。




【セキュリティ】


ビットフライヤーのセキュリティ


ログインパスワードと合わせて確認コードによる認証を行う、

二段階認証を使うことができます。

二段階認証を設定している口座保持者の日本円が不正に出金された場合、

一定条件を満たしている場合には、補償対象金額を請求することも可能です。




【スマホ対応】


ビットフライヤーのスマホ対応


iPhoneとAndroidに対応した、

通常の売買だけでなく送金やチャートも使いやすい、

スマホ用のビットフライヤーアプリがあります。




【こんな人にお勧め】


初心者が安心して取引を始められる取引所です。




【その他】


金融庁の正式認可


bitFlyerは2017年10月より、

仮想通貨交換業者として金融庁から正式認可が下りています。

個人用、法人用共にアカウントクラスを設置しており、

クラスごとに異なるレベルのサービスや利用限度額が設定されています。




bitFlyer(ビットフライヤー)は日本で最も

メジャーな取引所の一つで、安定感も抜群。


取引所で迷ったらとりあえずbitFlyer(ビットフライヤー)でOKです。

安全に仮想通貨を保有して、しっかり資産を増やしましょう!



仮想通貨をクレジットカードで購入【オススメ取引所ランキング】

FX業者