仮想通貨でお買い物や支払いができます!


仮想通貨でお買い物や支払いが簡単にできます!


仮想通貨で買い物ができる時代がやってきました


仮想通貨は、円のように決済手段としても使えるのを知っていますか?

インターネットショッピングや実際の店舗で、

買い物の支払いする際にビットコインを使うことができます。

これからますます広がっていく、仮想通貨の決済システムを見ていきましょう。



【支払いの仕方】

ではまず、どうやって支払うのかを見ていきましょう。

・事前準備として自分のスマホに、仮想通貨ウォレットのアプリをインストールする必要があります。

・その後に、取引所の口座などから仮想通貨を入金しておきます。

・店側もスマホやiPadに、決済用のアプリを準備しています。

・実際の支払いは店側のビットコイン口座のQRコードを、自分のビットコインウォレットのアプリを立ち上げて読み込みます。

それで支払い完了です。


買い物で使える店は仮想通貨決済ができる店では、

ビットコインのマークで分かります。


店舗側は取引所の決済システムを使うので、

bitFlyerやCoincheckなどのロゴも貼ってあります。



【仮想通貨で決済するメリットは】

仮想通貨で支払いできるようにすると、

特に店側にはいろいろなメリットがあります。

・店が取引所に払う手数料は1%程度で、クレジットカード手数料に比べて格安

・決済のスピードが速く、売り上げの入金がすぐにされる。

・日本円に両替しなくても支払いができるので、外国人買い物客の集客につながる

つい最近ビックカメラ全店舗で、仮想通貨での支払いが可能になりました。

コジマも数店舗で試験的に導入を始めたようです。

個人経営の店や飲食店でも、都心部や観光地など、

外国人客が多い場所では、仮想通貨決済を導入する店が増えています。

インターネットショッピングでも、

DMMなどのサイトで仮想通貨での支払いができます。

日本のアマゾンではまだですが、

アメリカのアマゾンでは導入済みですから、時間の問題だと思われます。


では、消費者側メリットはどうでしょう?

日本で使うに当たっては、今はまだそれほどメリットがないかも知れません。

今後仮想通貨で支払える店舗が増えてくると、

現金が不要になること、海外旅行では両替の手間が省ける事などがメリットとなってきます。



【仮想通貨で決済するデメリットは】

普及がこれからなので、実際仮想通貨で支払いができる店が少ないのが課題です。

消費者側のメリットをより作り出すことが、

日本人利用客を増やすポイントだと考えられています。



【まとめ】

新しい決済手段として、仮想通貨での支払いを受け付ける店は、今後ますます増えていくでしょう。

消費者側としても、支払い手段をいろいろ選べるのは嬉しいことです。

スマホの決済ウォレットは、セキュリティ設定を徹底し、必要額だけを入金するなど、注意して管理しましょう。


仮想通貨で購入するのはクレジットカードよりメリット大


お買い物ではお店も使う側にもメリットあり!

いち早くビットコインを保有しておいたほうが良いかもしれません。


今のうちに仮想通貨を購入して長期保有すれば、

数年後に莫大な買い物ができるかもしれません。

買い物先行投資にもビットコインをどうぞ。



仮想通貨をクレジットカードで購入【オススメ取引所ランキング】


FX業者